街に溢れる心地よさをひも解く!カナダの三都を訪れよう

グッドデザインに囲まれたモントリオール

広大なカナダの魅力は、オーロラなどの大自然だけに留まりません。好奇心をかきたてられる感動体験が、モントリオール、トロント、バンクーバーの3大都市で待ち受けていますよ。フランス文化薫るカナダ第二の都市がモントリオールです。歴史的建造物と近代的な高層ビルとが見事に調和し、独特の景色を浮かびあがらせてくれます。多民族文化の交差点でもあるモントリオールでは、多様なデザインを堪能できるでしょう。プラス・ダルム駅と直結するコンベンションセンターも、とてもカラフルでおしゃれですよ。街巡りをしながら、さまざまな建造物を見て回りましょう。

“街に溢れる心地よさをひも解く!カナダの三都を訪れよう” の続きを読む

なるべく費用を抑えて国内旅行に行くならば

格安料金で国内旅行に行く方法とは

国内旅行に格安料金で行くためには守るべきポイントがあります。例えばなるべく早い時期に予約することが重要です。旅行に行く5か月ほど前にホテルや飛行機、レンタカーなどの予約をしておけば料金を安くすることができます。早期の割引プランは予約数が決まっているのが通常です。予約数が一定に達すると空きがあっても予約できないことがあります。なるべく早い時期に予約を入れれば費用を抑えることができますが、飛行機のキャンセル料などには注意が必要です。飛行機は安い料金で早期に予約を取ると、変更に追加料金が必要になったりキャンセルができない場合があります。前もって確実な旅行の計画を立てておくことが重要です。確実に計画を実行できるのであれば、早期の予約で費用を安くすることができます。

“なるべく費用を抑えて国内旅行に行くならば” の続きを読む

お土産探しからB級グルメまで!ペルーの街歩きはメルカドへ行こう

リマの市場は落ち着いた雰囲気

ペルーの街歩きで立ち寄りたいスポットが、メルカドです。市場の古都で、果物屋さんの店先には見たことのない果物がずらりと並び、不思議な香りを漂わせる薬草屋さんや駄菓子屋さんなど、人々の生活に密着したお店にひきつけられるでしょう。どの街を訪れても、ひとまずメルカドへ行くとよく、リマのメルカドは、サン・イシドロ市場がおすすめです。治安のいい高級エリアにあるので、どこか落ち着いた雰囲気になります。また、市場といえば忘れてはならないのが、B級グルメです。サン・イシドロ市場では、超定番の朝ごはん、牛肉煮込み飯が食べられます。

“お土産探しからB級グルメまで!ペルーの街歩きはメルカドへ行こう” の続きを読む

世界中の旅行者を満足させる!ペルー・クスコを街歩き

空間が素敵なダイニングで

かつてインカ帝国の帝都として繁栄し、その偉大な文化の功績を今に伝えるクスコは、郊外にはプレ・インカ時代より良質な天然塩を生み出し続けるマラスの塩田やモライ遺跡などもあり、ペルーの壮大な食の歴史を受け継ぐ美食の都です。この町ならではといえば、やはりアンデスの大地が育む食材で、シャガイモだけでも1000種類以上もあるんですよ。市場に行けば驚くほど多様な、トウモロコシを扱う専門店もあります。それらの原初の味わいを堪能できるスペースも選択肢が豊富です。道端の屋台から気軽な食堂、高級レストランまで多彩な店が世界遺産の街中にひしめきあっています。ただし、標高3400mなので、食べ過ぎ、飲みすぎには注意して、至福の味をゆっくりと味わいましょう。

“世界中の旅行者を満足させる!ペルー・クスコを街歩き” の続きを読む

どうだ世界よ!?これが日本のウユニ塩湖だ!

日本の「天空の鏡」はここにある!

ウユニ塩湖は地球の反対側に位置するボリビアの高地にあります。行こうと思っても予算的にも時間的にも簡単に行くことはできません。
しかし日本国内にだってウユニ塩湖そっくりの真っ白い世界や、一面鏡張りの世界を体感できる場所がある事は知っていましたか?

例えば鏡張りの絶景であれば、香川県三豊市にある父母ヶ浜(ちちぶがはま)海水浴場がお勧めです。特に日没時は「日本の夕陽百選」に選ばれるくらい美しく、浜辺に現れた大きな潮だまりを利用して撮影すれば、ウユニ塩湖さながらの写真を撮る事もできます。他には福岡県大牟田市のミイケ塩湖。正確には塩の集積所で小規模ですが、水溜まりと塩の山を構図に収めれば素敵な写真が出来上がりです。また条件を揃えるのが非常に厳しいですが、滋賀県長浜市の余呉湖では雪山とコラボする事で、ウユニ塩湖以上に素晴らしい鏡張りを魅せてくれます。

“どうだ世界よ!?これが日本のウユニ塩湖だ!” の続きを読む

どこへ行っても外国人観光客だらけ!旅行好きはどこ行ったらいいの?

のんびりと旅行したい!でもそれはもうムリなの?

最近、どこの観光地へ行ってもたくさんの人で賑わっていますよね。その多くは外国人観光客。東南アジアや中国、韓国、あるいはヨーロッパの国の方々などで、全世界中から日本観光を楽しむ旅行客が増えているといいます。日本経済にとってはとても嬉しいことですが、宿や飛行機が予約しにくいなど、日本の旅行好きの方にとってはちょっと困った問題が出て来ているのも事実です。どこか外国人観光客が少なく、のんびりと旅行できる所はないのか?という方におススメの場所があります。

“どこへ行っても外国人観光客だらけ!旅行好きはどこ行ったらいいの?” の続きを読む

ティティカカ湖に守り継がれる人々の暮らしに触れてみよう!

水草でできた不思議な島

ペルーのティティカカ湖の旅といえば、絶対にはずせないのがウロス島です。神聖な湖として崇められてきたティティカカ湖周辺の街では、さまざまな民族が集いアンデス独自の文化を築いてきました。しかし、植民地時代にそれは一変し、街を追われたウル族が逃げ場を求め湖底から生える水草のトトラで小さな浮島をつくり水上生活をスタートさせました。それから数世紀を経て、その浮島は、ティティカカ湖の観光の目玉であるウロス島として旅行者をひきつけているんですよ。島に到着すると民族衣装に身を包んだ島民が、アイマラ語で歓迎してくれます。上陸すると、地面がふんわりと沈み込み、体験したことのない奇妙な感覚になるでしょう。浮島には、旅心をそそる異文化体験が満載ですよ。

“ティティカカ湖に守り継がれる人々の暮らしに触れてみよう!” の続きを読む

ここにも天空の鏡!?ウユニ塩湖そっくりの絶景スポット3選

アメリカ合衆国のボンネビル・ソルトフラッツ

一生に一度は訪れてみたいと願う人が多いウユニ塩湖。日本から行くには地球の反対側に位置する上、標高が高く高山病にかかるリスクがある上、治安も良くありません。しかし「天空の鏡」や「真っ白な世界」を諦めるのはまだ早いです。ウユニ塩湖そっくりの絶景がもっと近い場所にあります!

例えばアメリカのソルトレイクシティから車で約2時間の所にあるボンネビル塩湖。大昔は巨大な湖だったのですが、14000年かけて干上がってしまい、およそ16kmに渡って広大な塩の平原になった場所です。ウユニ塩湖と同様に乾季は真っ白な世界を歩き回る事ができ、雨上がりに条件が揃えば、空一帯がまるごと映り出す、ウユニ塩湖と瓜二つの鏡張りの絶景をお目にかかる事ができます。

“ここにも天空の鏡!?ウユニ塩湖そっくりの絶景スポット3選” の続きを読む

教科書ではわからない魅力がある!秦の始皇帝陵

始皇帝の権力を物語る「兵馬俑坑」

中国陝西省にあるのどかな田園地帯、そこには昔から秦の始皇帝の墓があると言われてきました。1974年になって「兵馬俑坑(へいばようこう)」が発見され、始皇帝の墓の存在がようやく認められたのです。俑とは人や獣を粘土や木で形作ったもので、古代中国では身分の高い人間への埋葬品の一つとして使われていました。
秦の始皇帝の墓から見つかった俑は、それまでに他の古墳から見つかったものと比べて、スケールが違います。実物の人間よりもやや大きい俑が、約8,000体も見つかったのです。1974年に見つかった1号坑は最大の規模を誇り、6,000体以上の兵や馬、戦車の俑が見つかっています。その光景は圧巻の一言、それだけでも実物を見る価値がありますが、さらに興味をそそられるのは兵たちの顔です。8,000体にも及ぶ兵の顔はすべて異なっているのです。これは実在の兵士をモデルにしたためと考えられています。兵の顔は骨格や花の高さなどが異なっており、始皇帝が漢民族と北方民族を率いていたことがわかります。

“教科書ではわからない魅力がある!秦の始皇帝陵” の続きを読む

こんな光景見たことない!夜空が星で輝く離島へ行こう!

八重山諸島は日本で初の星空保護区

沖縄旅行といえばマリンスポーツや伝統芸能、グルメなどが思い浮かびますが、最近注目を集めているのが「星空」です。それと言うのも沖縄の八重山諸島は日本初の星空保護区に認められたからです。星空観察を阻害する光害、街灯や街のネオンなどが少なく、緯度も東京と比べて11度低いため、北半球では見えにくい南十字星などの星を眺めることが可能です。八重山地方は偏西風帯から外れているエリアなので、星がチカチカと瞬くということもありません。そのため、夜空は満天の星明りで薄赤く発光して見える感じです。夜空に浮かぶ満天の星はとてもロマンティック。女子旅やカプルの旅行先として超おススメのスポットです。

“こんな光景見たことない!夜空が星で輝く離島へ行こう!” の続きを読む