ここにも天空の鏡!?ウユニ塩湖そっくりの絶景スポット3選

アメリカ合衆国のボンネビル・ソルトフラッツ

一生に一度は訪れてみたいと願う人が多いウユニ塩湖。日本から行くには地球の反対側に位置する上、標高が高く高山病にかかるリスクがある上、治安も良くありません。しかし「天空の鏡」や「真っ白な世界」を諦めるのはまだ早いです。ウユニ塩湖そっくりの絶景がもっと近い場所にあります!

例えばアメリカのソルトレイクシティから車で約2時間の所にあるボンネビル塩湖。大昔は巨大な湖だったのですが、14000年かけて干上がってしまい、およそ16kmに渡って広大な塩の平原になった場所です。ウユニ塩湖と同様に乾季は真っ白な世界を歩き回る事ができ、雨上がりに条件が揃えば、空一帯がまるごと映り出す、ウユニ塩湖と瓜二つの鏡張りの絶景をお目にかかる事ができます。

トルコのウユニ塩湖「トゥズ湖」

トルコには小さなウユニ塩湖と呼ばれるトゥズ湖があります。大きさは本家の1/6程度で、雨季に当たる冬の間は塩が溶けてただの湖になってしまうため、7月〜9月という短い期間しかお目にかかれませんが、真っ白い景色と鏡張りが織りなす幻想的な美しさはウユニ塩湖そっくりです。ここで採れる塩も美味しいことと、フラミンゴの大群が棲んでいるところも嬉しいポイントです。

台湾台中の高美湿地(こうびしっち)

実は日本とお隣の台湾にもウユニ塩湖のような一面鏡張りの絶景を堪能できる観光スポットがあります。それが約300ヘクタールの湿地帯「高美湿地」です。風のない干潮時の日没には、ウユニ塩湖と似た風景に出会う事ができます。元々はバードウォッチングと絶滅の危機に瀕した雲林莞草の群生地である事が有名だったので、鏡張り以外の楽しみもある点が魅力です。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です