こんな光景見たことない!夜空が星で輝く離島へ行こう!

八重山諸島は日本で初の星空保護区

沖縄旅行といえばマリンスポーツや伝統芸能、グルメなどが思い浮かびますが、最近注目を集めているのが「星空」です。それと言うのも沖縄の八重山諸島は日本初の星空保護区に認められたからです。星空観察を阻害する光害、街灯や街のネオンなどが少なく、緯度も東京と比べて11度低いため、北半球では見えにくい南十字星などの星を眺めることが可能です。八重山地方は偏西風帯から外れているエリアなので、星がチカチカと瞬くということもありません。そのため、夜空は満天の星明りで薄赤く発光して見える感じです。夜空に浮かぶ満天の星はとてもロマンティック。女子旅やカプルの旅行先として超おススメのスポットです。

オールスター勢ぞろい!すべての星が観察可能!

八重山諸島では全星座88のうち、84の星座の観察ができます。また、全天にある21個の一等星すべて見られるという豪華さです。とは言え、八重山諸島のどの島からでも十分に見えるという訳ではないので注意が必要です。やはり、建物が建て込んだ石垣島の市街地からでは見えにくいので少し離れた郊外へ移動する必要があります。最近ではガイド付きの星空観察ツアーも催行されているので、そういったものを利用すればハズレはないはずです。

行く前に注意したい点とは

星空観察に適した時期はいつかというと、これはいつの時期でもOKです。一般に星空観察に適した時期は大気が澄んだ冬と言われていますが、八重山諸島ではオールシーズン素晴らしい星空を眺めることができます。ただし、南十字星を見たいのなら1月から6月まで、あとは台風のシーズンでもある夏から秋はこれはもう運次第といえます。また、満月の頃は月の光で他の星が見えにくくなるので、星座カレンダーなどで確認してから行くようにしましょう。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です