世界中の旅行者を満足させる!ペルー・クスコを街歩き

空間が素敵なダイニングで

かつてインカ帝国の帝都として繁栄し、その偉大な文化の功績を今に伝えるクスコは、郊外にはプレ・インカ時代より良質な天然塩を生み出し続けるマラスの塩田やモライ遺跡などもあり、ペルーの壮大な食の歴史を受け継ぐ美食の都です。この町ならではといえば、やはりアンデスの大地が育む食材で、シャガイモだけでも1000種類以上もあるんですよ。市場に行けば驚くほど多様な、トウモロコシを扱う専門店もあります。それらの原初の味わいを堪能できるスペースも選択肢が豊富です。道端の屋台から気軽な食堂、高級レストランまで多彩な店が世界遺産の街中にひしめきあっています。ただし、標高3400mなので、食べ過ぎ、飲みすぎには注意して、至福の味をゆっくりと味わいましょう。

インカの帝都はお買い物天国

世界中からたくさんの旅行者が訪れることから、お買い物スポットも豊富なクスコでは、いかにもインカらしい神秘的なモチーフのオブジェからスペイン植民地時代のコロニアルテイストの陶器、アルパカ製品やバラマキ用のB級グッズまで、ペルー土産なら何でもそろうといってもいいでしょう。ショッピングや雑貨好きにはたまらない街です。お店の多くは、アルマス広場の周辺にあり、地元の人が買うような生活雑貨なら中央広場の周辺がおすすめです。一味違うユニークな1品を探すのなら、サン・ブラス地区がよく、歴史地区の必見スポットになります。高台エリアには、センスのいい個性的なお店が点在していて、おしゃれなカフェやバーもあるので、のんびりと散策するのにうってつけですよ。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です