教科書ではわからない魅力がある!秦の始皇帝陵

始皇帝の権力を物語る「兵馬俑坑」

中国陝西省にあるのどかな田園地帯、そこには昔から秦の始皇帝の墓があると言われてきました。1974年になって「兵馬俑坑(へいばようこう)」が発見され、始皇帝の墓の存在がようやく認められたのです。俑とは人や獣を粘土や木で形作ったもので、古代中国では身分の高い人間への埋葬品の一つとして使われていました。
秦の始皇帝の墓から見つかった俑は、それまでに他の古墳から見つかったものと比べて、スケールが違います。実物の人間よりもやや大きい俑が、約8,000体も見つかったのです。1974年に見つかった1号坑は最大の規模を誇り、6,000体以上の兵や馬、戦車の俑が見つかっています。その光景は圧巻の一言、それだけでも実物を見る価値がありますが、さらに興味をそそられるのは兵たちの顔です。8,000体にも及ぶ兵の顔はすべて異なっているのです。これは実在の兵士をモデルにしたためと考えられています。兵の顔は骨格や花の高さなどが異なっており、始皇帝が漢民族と北方民族を率いていたことがわかります。

観光地として始皇帝陵を巡る

兵馬俑坑は1号坑から3号坑まであり、すべての坑が公開されています。近くには「新始皇帝陵博物院」という博物館が併設されており、兵馬俑坑に関する資料や発掘状況を知ることができます。博物館では俑にちなんだお土産も購入できるので、気に入った品があれば記念に購入しておきましょう。
始皇帝陵への入場料は150元となっています。また、現地には日本語ガイドがいるので、より詳しく知りたいという人は利用するのをおすすめします。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です